銀行・消費者金融・信販会社のメリット&デメリット

銀行・消費者金融・信販会社のメリット&デメリット




銀行から融資を受けた場合のメリットは、他の金融機関に比べて、金利が低いというのが大きなものと言えるでしょう。
ある意味、それが、銀行融資の特徴です。

反対にデメリットとしてあげられるのは、融資実行までの期間が長く、銀行へ何度も訪問しなければいけなかったり、提出必要書類の量も多くて利便性が良いとは言えないところ。
しかし、最近では、インターネットで手続きが出来るサービスも登場してきているようです。
銀行、流通、信販は30日ごとの月割り金利計算(月利)となりのとは違い、消費者金融は1日ごとの日割り計算となるので、キャッシング後にすぐにでも返済ができた場合は、消費者金融から借入をした方が、金利が安くなるということになるます。
これが、消費者金融のメリットです。

反対にデメリットとしてあげられるのは、銀行融資に比べて利率の高いケースが多いというところ。
どれに、「消費者金融」というのは、世間にはまだまだ、イメージが良いとは言えず、カードを持ち歩くのも気が引けるというのもあります。
クレジットカードで融資を受ける場合のメリットは、クレジットカード自体の機能として、ショッピング機能やポイントサービスなどの付帯サービスを受けられるというところです。

反対にデメリットとしてあげられるのは、キャッシングしたら、金利が結構高かった…という場合があるというところ。
銀行などに比べて、金利が高いじゃん!!ということが多いので、利用するときは、年率をきちんと確認しておきましょう。



>>>  消費者金融徹底比較ナビ 〜あなたも借りれる18の法則 〜のTOPへ