アナタが借入できない理由・・・

アナタが借入できない理由・・・




借入を消費者金融に申し込んでも、お断りされることがあります。
審査基準は各社各様なので、「コレ」というものはありませんが、アナタが断られる「理由」があったから…ということは断言できるのです。

消費者金融は、対面与信で「しっかりアナタをチェック」しています印象や仕草も、審査対象になるということです。

このときに、アナタが少しでもアヤシイ言動を取れば、その時点で即アウト!
担当者は笑顔で接客していながら、心の中ではお断りを決めていることでしょう。
勤続年数が短いと断られることが多くなります。
「今現在仕事してるからいいじゃん!」というわけにはいきません。

昨日一昨日、就職が決まったような人間を「信用」できるかと言えば、違いますよね?
最低でも、1年以上の勤続年数が必要となります。
ごくたまに、「アンタ一体どこに住んでいるの?」って聞きたくなるようなお客さんが、借入を申し込んでくるケースがあります。

契約に関して必要な項目に「現住所」の欄がありますが、この欄に、住所をかけないような人間には、まずお金を貸すなんてことはありません。

「定住を持たない」なんて言う人がいますが、「では、サヨウナラ〜」と追い返されることでしょう。
中堅以上の消費者金融の場合、借入の申込があった際は、まずコンピューター・システムによって審査を行ないます。

その方法は、申し込んだお客さんとほど同等の属性(職業とか年齢性別とか)の顧客を探し、その顧客の利用状況を参考にして判断するというものです。

その顧客が利用において問題を起こしていたときには、新規申込者に問題がなくても、借入を断るケースが多くあります(クレジット・カード系を除く)。
属性問題などのケース以外に、断られる可能性としてあげられることは、アナタに関する信用情報データベースに誤りがあるケースになるでしょう。
もし、「自分は何にも問題起こしていないのに、なぜ断られるのかがわからない」という人は、本人ならば信用情報データベースを照会することが可能なので、一度照会してみましょう。

次に、同じ勤務先の人間が、何人も借りているケースです。
これは、会社の規模により大きく変わってきます。

そして、今回借入を申し込んだ業者の既存客の中に、アナタの親族がいるケースとなります。



>>>  消費者金融徹底比較ナビ 〜あなたも借りれる18の法則 〜のTOPへ