用語集は行

用語集は行

破産管財人
弁済
保証人
ホワイト情報
複利
ブラックリスト
不良顧客
フリーローン
破産宣告
破産
販売信用
ビジネスローン
復権
フロアリミット
分割払い
ペイデーローン
ペイメントカード
法定利率
法定利息
ボーナス一括払い
ポジティブ情報
本人確認法
引き直し
包括契約
不動産担保
引き落とし
日掛け金融

破産管財人

破産管財人とは、
破産手続開始決定した際に、裁判所が選任する弁護士(通常は裁判所に選任候補として登録されている弁護士)のことです。
破産を申し立てた人の財産の「管理・調査・評価・換価・処分」を行い
お金を貸した人財産を分配する手続きをします。
破産した人に、分配すべき財産がないのが明らかな場合は、破産管財人は選任されません。
「同時廃止」の決定が下され、「免責許可の決定」の手続きに移ります。

弁済

弁済とは、
借りたお金を返すことです。
民法では、「債務者または第三者が債務の給付を実現して債権を消滅させること」
と定義されています。

保証人

保証人とは、
お金を借りた人がお金を返せなかった場合に その人に代わりにお金を返す義務のある人のことです。
「保証人」の場合は、「連帯保証人」と違って 業者が、貸した本人よりも返してもらいやすいと思っても、先に請求することはできませんし
先に請求された場合は、「先に本人に請求してください」と阻止できる権利があります。
「連帯保証人」の場合は、貸した本人よりも先に請求することができますし、またされても何も言えません。

ホワイト情報

ホワイト情報とは、
お金をきちんと返していて、何も問題のない人の契約情報や残高に関する情報ことです。
個人のクレジットカード利用状況やキャッシング借り入れ状況を把握するために
信用情報機関に登録されています。

複利

複利とは、
「元本と前についた利子を合わせた金額」にかかる利子のことです。
元本だけに利子がつく「単利」と比べて、年数が経つごとに、利息が大きくなっていきます。

ブラックリスト

ブラックリストとは、
一定期間以上、借金の返済が遅れたり、特定調停や自己破産などの手続きをしているなど、 貸金業者となんらかのトラブルを起こした場合に個人信用情報機関に登録されてしまう印象の悪い情報のことです。
正式名称は、異動事故などと呼ばれています。
「ブラックリスト」と呼ばれている実際には存在しません。
異動事故の内容には、番号が決められていて、「特定調停は○番」「支払い何日遅れで○番」など、 審査の際に、確認すればすぐにわかるようになっています。
一度登録されると5年間は消えません。

不良顧客

不良顧客とは、
一 定期間以上、借金の返済が遅れたり、特定調停や自己破産などの手続きをしているなど、 消費者金融業者と何らかのトラブルを起こしたことのある顧客に対して用いられる言葉です。
反対語は、「優良顧客」です。

フリーローン

フリーローンとは、
使い道が自由で、様々なニーズに対応しているローンのことです。
自動車ローンや住宅ローンなどと違って、使用目的が限られていないので、レジャーや娯楽などのため結婚式など、どのような理由でも借りることができます。
通常のキャッシングに比べると金利の低めでまとまったお金を借りることができますが、
審査に時間がかかり、提出書類も多く、手続きなどにも手間がかかります。

破産宣告

破産宣告とは、
お金を借りた人に返すだけの能力がないことを裁判所が宣言することです。
お金を借りた人が、持っている全財産よりも、借金が上回った場合に、破産の申し立てに基づき、破産宣告が行なわれます。

破産

破産とは、
借りたお金が多すぎて、自分の全財産では返せなくなった場合に、
裁判所に手続きして、財産をお金を借りた相手に公平に分配することです。

販売信用

販売信用とは、
クレジット会社や信販会社などが発行しているカードを利用して、顧客が買い物をした際に 後で払ってくれると信用して、カード発行元が先に立替払いをするシステムのことです。
販売信用は、「非割賦方式」(ボーナス払いや2回払いなど)と「割賦方式」(分割払い)に分けられています。
信販会社、クレジット会社、百貨店、通信販売業者などが、販売信用を行なっています。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、
個人事業主や中小企業に事業資金をお金を貸すローンのことです。
ビジネスローンは、担保や保証人が不要であることが特徴です。
最大融資額はおよそ1000万円で、通常の銀行の融資よりも金利は高めになっていますが、 1~3日間の迅速なスピードで審査を受けることができ、審査にも柔軟に対応してもらえ、審査基準も銀行に比べて低めになっています。

復権

復権とは、
破産(自己破産)した人が、破産によって失ってしまった権利や資格を取り戻せる権利のことです。
通常は、免責(借金が帳消しになること)が確定した場合に復権することができます。
裁判所に免責の申し立ての手続きを行い、免責が決定されて官報に報告すれば、免責が確定されます。

フロアリミット

フロアリミットとは、
カード利用の際に、カード会社に承認をもらわなければカードを使えなくなる基準金額のことです。
フロアリミットを越える金額のカード利用に対して、カード加盟店は、カード会社に対して確認をする必要があります。
カードが盗難・紛失にあったものではないかどうかを確認し、不正利用を防止するために用いられているシステムです。

分割払い

分割払いとは、
買い物の代金を数回に分けて支払うことです。
割賦販売のことです。
割賦販売法では、2ヶ月以上にわたり、3回以上に分けて支払うことと定義されています。

ペイデーローン

ペイデーローンとは、
アメリカで行なわれている 給料を担保にお金を借りることができる短期のローンのことです。
ペイデーは、給料日のことです。
アメリカの給料の支払いが2週間周期のため、返済期限は2週間がメインとなっています。
低所得者層が、生活のために、利用するケースが多いようです。
それぞれの州で規定している上限金利に違反している高金利で貸し付けたり、違法な取り立てなどで訴訟が発生しているため、州によっては利用が規制されています。

ペイメントカード

ペイメントカードとは、
現金の代わりに支払いの時に使えるカードのことです。
ペイメントカードには、クレジットカード、デビットカード、プリベイドカードの3種類があります。

法定利率

法定利率とは、
お金の貸し借りの契約した際に、利率(金利)を特に決めていない場合に、
法律で規定された自動的に適用される利率のことです。
法定利率には、商法で定められた利率(年6%)と、民法で定められた利率(年5%)があります。
法定利息とも呼ばれています。

法定利息

法定利息とは、
お金の貸し借りの契約した際に、金利を特に決めていない場合に、
法律の規定によって自動的に適用される利息のことです。
法定利率には、商法で定められた利息(年6%)と、民法で定められた利息(年5%)があります。
法廷利率とも呼ばれています。

ボーナス一括払い

ボーナス一括払いとは、
買い物の代金をカードで支払う際に 夏や冬のボーナスの時に一回で払うことです。
金利はかかりません。
支払い時期は、各カード加盟店によって様々です。
例えば、夏のボーナス払いの場合は、8月10日
冬のボーナス払いの場合は、1月10日といったように
一般的には、 ボーナスが支給された翌月のカード会社の引き落とし日に支払うシステムになっています。

ポジティブ情報

ポジティブ情報とは、
お金をきちんと返していて、何も問題のない人の契約情報や残高に関する情報ことです。
個人のクレジットカード利用状況やキャッシング借り入れ状況を把握するために
信用情報機関に登録されています。
ホワイト情報とも呼ばれています。

本人確認法

本人確認法とは、
2003年1月6日に施行された「金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律」 の通称のことです。
本人であると確認できる書類などについて記載されています。
この法律により、クレジットや消費者金融など業者側に本人確認記録の作成・保存並びに取引記録の作成・保存などが義務付けられることになりました。
よって、カード利用や融資などを申し込む際には、本人確認法に基づいて、運転免許証やパスポートなどの提示が必要になります。
本人確認法による本人が確認できる書類は
運転免許証、健康保険証、パスポート(旅券)、国民年金手帳、母子健康手帳、身体障害者手帳、外国人登録証明書、住民基本台帳カードなどです。

引き直し

引き直しとは、
貸金業者などから、高い金利でお金を借りていた場合に 法律で定められている利息制限法の上限金利で利息の計算をし直すことです。
引き直しを行うと、多くの場合、返すお金の金額を減らすことが可能になります。

包括契約

包括契約とは、
利用限度額の範囲内で、何度でもくり返し借りることができる契約のことです。
包括には、「一つにまとめる」という意味があります。

不動産担保

不動産担保とは、
金融機関などからお金を借りる場合に 自分の持っている家や土地、ビルなどを、
お金を返せなかった場合にお金の代わりに差し出すことです。

引き落とし

引き落としとは、
クレジットカードの支払い代金や消費者金融から借りたお金を返す際に わざわざ払い込むことをせずに 期限が来ると自分の預金口座から自動的に差し引かれるシステムのことです。

日掛け金融

日掛け金融とは、
従業員5人以下の零細企業を対象にお金を貸して
お金を返してもらうために 毎日集金する金融業者のことです。
上限金利は、54.7%という高金利ですが、この金利は、上限金利である29.2%出資法特例として 様々な条件つきで認められています。
具体的な条件とは
・他の貸金業と兼業してはいけない。
・対業員5人以下の物品販売業、物品製造業、サービス業などを対象に融資する。
・返済期間は100日以上とし、返済金を返済期間の100分の50以上の日数にわたり、毎日少額ずつ相手方に出向いて直接集金する。
などです。
日賦金融と同じ意味です。





>>>  消費者金融徹底比較ナビ ~あなたも借りれる18の法則 ~のTOPへ