消費者金融から融資を受ける場合

消費者金融から融資を受ける場合

銀行、流通、信販は30日ごとの月割り金利計算(月利)となりのとは違い、消費者金融は1日ごとの日割り計算となるので、キャッシング後にすぐにでも返済ができた場合は、消費者金融から借入をした方が、金利が安くなるということになるます。
これが、消費者金融のメリットです。

反対にデメリットとしてあげられるのは、銀行融資に比べて利率の高いケースが多いというところ。
どれに、「消費者金融」というのは、世間にはまだまだ、イメージが良いとは言えず、カードを持ち歩くのも気が引けるというのもあります。




このカテゴリー「銀行・消費者金融・信販会社のメリット&デメリット」では、以下のことも知ることができます。
銀行・消費者金融・信販会社のメリット&デメリット
銀行からの融資の場合
消費者金融から融資を受ける場合
クレジットカードで融資を受ける場合

>>>  消費者金融徹底比較ナビ ~あなたも借りれる18の法則 ~のTOPへ